健康保険のしくみこんなときどうしたらいいの?健診のお知らせ保険事業のご案内各種届出書ダウンロードリンク集個人情報保護への取り組みについて加入のご案内HOME
健康保険は、病気やケガ、出産や死亡などの出費に備えて、働いている人たちがそれぞれの収入に応じて保険料を出し合い、これに会社(事業主)も負担して、病気、ケガ、出産、死亡などの際の生活上の不安を取り除こうという目的から生まれた制度です。
健康保険のしくみ
保険給付について
健康保険で受けられる診療の範囲
医療費控除について
被扶養者について
保険料について
届出が必要なのはこんなとき
 健康保険の被保険者になると、その証明書として「健康保険被保険者証(保険証)」がわたされます。病気やケガなどで医師の診療を受けるときは、窓口でこの保険証を提示してください。
 保険証は大切なものですから、保管には十分気をつけ、紛失しないように、また治療が終わったら忘れずに返してもらうようにしてください。
 70歳以上の方(後期高齢者医療制度の被保険者を除く)は医療機関での自己負担が所得に応じて1割〜3割となります。この自己負担割合が明記された「健康保険高齢受給者証」が被保険者と被扶養者それぞれに交付されます。受診の際は、保険証とこの高齢受給者証を提示してください。
▲TOPへ
健康保険のしくみ | 保険給付について | 健康保険で受けられる診療の範囲 |
医療費控除について | 被扶養者について | 保険料について | 届出が必要なのはこんなとき |
Copyright(c)2004 東京都皮革産業健康保険組合 AllRights Reserved.