健康保険のしくみこんなときどうしたらいいの?健診のお知らせ保険事業のご案内各種届出書ダウンロードリンク集個人情報保護への取り組みについて加入のご案内HOME
健康保険事業の大部分は、被保険者と事業主が共同で負担している保険料で運営されています。 この保険料は、標準報酬月額と標準賞与額に保険料率をかけて計算します。
保険料月額表
 健康保険では、被保険者が受ける報酬をもとに標準報酬月額と標準賞与額を設定して保険料を計算しています。毎月の給与などの報酬からは月額を区切りのよい幅で区分した標準報酬月額が、賞与からは1,000円未満を切り捨てた標準賞与額(上限は年間合計573万円)が設定されます。
 標準報酬月額は保険料を計算するときだけでなく、傷病手当金出産手当金などを計算するときにも使われます。
 健康保険でいう報酬の範囲とは、労務の対償として支給されるすべてのものを含み、定期券や社宅などの現物は金額に換算して計算します。ただし、大入り袋や見舞金のような臨時に受けるものは報酬の範囲に入りません。
「資格取得時決定」 入社すると同時に被保険者となりますので、標準報酬月額は受け取るであろう給与等を基礎にして決められます。
「定時決定」 標準報酬は全被保険者について、毎年4月・5月・6月の給与等をもとに7月1日現在で決定され、その年の9月1日から翌年の8月31日までの1年間適用されます。
「随時改定」 昇給などで給料等が大幅に変わったとき(3ヵ月の平均で2等級以上の差が出た場合)は、随時に改定されます。
 支給をはじめる日の属する月を含む直近の12ヵ月の各月の標準報酬月額の平均した額÷30
 
 被保険者ごとに決定し、それぞれが受けた賞与額の1,000円未満を切り捨てた額を標準賞与額とします。標準賞与額の上限は年間(4月1日〜3月31日)合計573万円です。
▲TOPへ
健康保険のしくみ | 保険給付について | 健康保険で受けられる診療の範囲 |
医療費控除について | 被扶養者について | 保険料について | 届出が必要なのはこんなとき |
Copyright(c)2004 東京都皮革産業健康保険組合 AllRights Reserved.