健康保険のしくみこんなときどうしたらいいの?健診のお知らせ保険事業のご案内各種届出書ダウンロードリンク集個人情報保護への取り組みについて加入のご案内HOME
 
 健康保険の被保険者に扶養されている75歳未満の人は、健康保険の被扶養者として給付を受けることができますが、法律等で被扶養者の範囲や、収入基準が定められており、誰でも被扶養者として認定されるというものではありません。
 
 皆様から納めていただいた保険料が適正に使われるために、被扶養者の申請の際には審査を行っております。認定の可否につきましては、公的機関や会社が発行した証明書等を提出していただき、以下の項目と照らし合わせた上で、総合的に判断をいたします。

1.認定対象者が健康保険法に定める被扶養者の範囲にいること
2.後期高齢者(75歳以上の方)に該当していないこと
3.被保険者が認定対象者を扶養せざるを得ない理由があること
4.被保険者が認定対象者の主たる生計維持者であること
  (主に被保険者の収入で生活している)
5.認定対象者の年収が下表の範囲内であること
被扶養者の年齢
収入限度額
同居
60歳未満
年間130万円未満かつ被保険者の年収の1/2未満
60歳以上75歳未満
(または障害年金受給者)
年間180万円未満かつ被保険者の年収の1/2未満
別居
60歳未満
年間130万円未満かつ被保険者の仕送り額より少ないこと
60歳以上75歳未満
(または障害年金受給者)
1年間180万円未満かつ被保険者の仕送り額より少ないこと
 申請する際は、「被扶養者異動届」と添付書類を提出していただく必要があります。添付書類は認定対象者によって異なりますので、ご注意ください。
 必要な添付書類の詳細はこちら
 
 認定対象者が別居している場合には、被保険者が毎月一定額を仕送りしていることが条件となり、送金証明(銀行通帳の写し、現金書留封筒、振込書の控え等。手渡しによる場合は認定できません)を提出していただく必要があります。
 仕送り額は、認定対象者の年収以上の金額でなければなりません。また、次の例のように、仕送り額と認定対象者の収入の合計が、被保険者の仕送り後の収入より多い場合は申請することができません。

(例)
被保険者の収入(月額):20万円 内、仕送り額:10万円
認定対象者の収入(月額):9万円
被保険者の仕送り後の収入:10万円(20万円-10万円)
認定対象者の仕送り後の収入:19万円(9万円+10万円)
→被保険者の収入<認定対象者の収入となるため、申請できません。

 

 被扶養者異動届及び添付書類一式が提出され、組合が扶養の事実を承認し、受理した日が認定日となります(ただし、被保険者の資格取得届と同時に申請された場合は入社日での認定。出生が異動事由の場合は、出生年月日を認定日とします。また、婚姻・退職が異動事由の場合は、当該事実発生日から30日以内に異動事由を証明する書類を提出し、組合が承認・受理した場合に限って、その事実発生日に遡って認定します)。
※平成25年5月1日より適用いたします。

 
 認定手続きの際に、提出していただいた書類で被扶養者資格の認定の可否がつかない場合は、追加書類の提出をお願いする場合があります。
 
▲TOPへ
健康保険のしくみ | 保険給付について | 健康保険で受けられる診療の範囲 |
医療費控除について | 被扶養者について | 保険料について | 届出が必要なのはこんなとき |
Copyright(c)2004 東京都皮革産業健康保険組合 AllRights Reserved.