健康保険のしくみこんなときどうしたらいいの?健診のお知らせ保険事業のご案内各種届出書ダウンロードリンク集個人情報保護への取り組みについて加入のご案内HOME
医療費の支払額が家族を含め年間10万円以上か所得の5%以上であれば、確定申告をすることによって税金が戻ります。
 医師、歯科医、助産婦などに支払った治療費、出産費用、入院費、通院や医師往診のための交通費、送迎費(ただし症状が重いとき)、あんま、はり、きゅうの施術代、義手、義足、松葉杖、義歯代など
 居宅介護支援事業者、指定介護老人福祉施設などに支払った介護費。保険給付されているサービスの自己負担分が対象(支給限度額を超える部分や特別なサービスの費用、日常生活費は対象外)。在宅介護の場合、家事援助中心のサービスは対象外
※1  控除額がそのまま戻ってくるという意味ではありません。
※2  本人だけでなく、生計を同一にする親族分を合計して申告することができます。
※3  健保組合からの給付には「高額療養費」、「出産育児一時金」等があります。傷病手当金出産手当金等はマイナスする必要はありません。
申告期間 2月16日〜3月15日
場所 居住地の税務署
必要なもの 確定申告書(用紙は税務署にあります)・源泉徴収票・医療費を証明する領収書(平成29年分から健康保険組合が交付する『医療費のお知らせ』が利用できるようになりました)・領収書のない通院交通費などは日付、金額、経路などを書いたメモ(家計簿)・印鑑
▲TOPへ
健康保険のしくみ | 保険給付について | 健康保険で受けられる診療の範囲 |
| 医療費控除について | 被扶養者について | 保険料について | 届出が必要なのはこんなとき |
Copyright(c)2004 東京都皮革産業健康保険組合 AllRights Reserved.