健康保険のしくみこんなときどうしたらいいの?健診のお知らせ保険事業のご案内各種届出書ダウンロードリンク集個人情報保護への取り組みについて加入のご案内HOME
病気やケガの療養のため仕事を休み、給料が支払われないとき、被保険者とその被扶養者の生活補償の目的で、傷病手当金が健康保険組合から支給されます。
※任意継続被保険者の方には支給されません。
(1)〜(4)をすべて満たしていると…
(1)病気やケガの療養中であること 続けて4日以上休んだ場合に 4日目から支給
(2)療養のため仕事につけないこと
(3)4日以上連続して仕事を休むこと
(4)給料の支払いがないこと
 傷病手当金が支給される期間は、同一の病気やケガについて支給の始まった日から1年6カ月間です。ここでいう1年6カ月とは暦の上での1年6カ月という意味で、支給の実日数ではありません。その間の出勤欠勤の日数にかかわらず支給の日から1年6カ月たてば傷病手当金は打ち切られます。
 休業1日について標準報酬日額の3分の2相当額が支給されます。
 「傷病手当金請求書」に医師の証明をもらい、健保組合へ提出
▲TOPへ
前のページへ 次のページへ
健康保険のしくみ | 保険給付について | 健康保険で受けられる診療の範囲 |
医療費控除について | 被扶養者について | 保険料について | 届出が必要なのはこんなとき |
Copyright(c)2004 東京都皮革産業健康保険組合 AllRights Reserved.